« audio-technica コンパクトスピーカー(防水タイプ) | トップページ | Barney Kessel Guitar: A Step-by-Step Breakdown of His Guitar Styles and Techniques (Guitar Signature Licks) »

2014年4月29日 (火曜日)

Bob Brozman's Bottleneck Blues Guitar (Acoustic Masters Series)

Bob Brozman's Bottleneck Blues Guitar (Acoustic Masters Series)

昨年の4月に亡くなられたBob Brozmanの教則本。ご本人による解説音声と演奏がCDでたっぷり聞けます。

ギターのチューニングはオープンGのみなので、Key=Gのブルースのみの奏法解説です。一応、ボトルネック奏法が中心の説明だけど、右手の特殊奏法の解説もあるので、これまでいい加減にやっていた右手の奏法も見直すことが可能。小さなヒントや、簡単なフレーズがすべてタブ譜付きで解説されていて、教則本側にも音声解説とほぼ同内容の説明文があるので、「何を解説しているか分からない。音声解説なんて聞き取れないよ」という人にも使える内容です。

一番最後に、デモンストレーション的に、3分程度の曲が演奏されていて(この曲もタブ譜になっています)、そこで本書の中で解説されたほとんど全ての技が出てくるので、その曲が弾ければこの本の目的は達成という感じです。

全体的に簡単な内容だけれど、一つ一つの音を丁寧に出すように心がけていると、意外な発見があります。
またCDの時間(74分)いっぱいまで収録されていて、音声解説もタブ譜も非常に丁寧に作られています。これは良書です。

ただ1点だけ、この本には問題があって、CD収録音声のチューニングが、440hzになっていないのです。
CDの最初の方のチューニングで、「さあみんなこの音に合わせて」というチューニングがかなり低い。おそらくは430~432hz辺りのチューニングで、その点だけ注意が必要です。

本人による解説本って、ミュージシャンによっては、途中からかなりいい加減な説明が増えてきて、あるページから細かい説明もなしに急に難しくなるというのが、あれこれありますが、この本はとても丁寧です。
Bob Brozmanの人柄が感じられる良書です。きっと、いい人だったんだろうな。


|

« audio-technica コンパクトスピーカー(防水タイプ) | トップページ | Barney Kessel Guitar: A Step-by-Step Breakdown of His Guitar Styles and Techniques (Guitar Signature Licks) »

音楽本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« audio-technica コンパクトスピーカー(防水タイプ) | トップページ | Barney Kessel Guitar: A Step-by-Step Breakdown of His Guitar Styles and Techniques (Guitar Signature Licks) »