« Vol. 1-Early Takes/ジョージ・ハリスン | トップページ | DigiFi(デジファイ) No.7 別冊ステレオサウンド »

2012年5月25日 (金曜日)

Born & Raised/ジョン・メイヤー

Born & Raised
ジョン・メイヤー

John 男前 Mayerの新作。

一聴して気づくのは、カントリーロック、いやフォークロックと言ったほうが収まりが良いくらいのアコースティックな佇まいである。
よもや、この人のアルバムからブルースハープやラップスティールの音色を聴くとは予想もしなかった。しかもオープニングの1曲目からして、いきなりの「自由を求めて西を目指す」、いわゆるゴーウェストソングで幕を開ける。歌詞の中で、ニール・ヤングのアフター・ザ・ゴールド・ラッシュも出てくれば、ジョニ・ミッチェルのブルーアルバムまで出てくるのには、なんだ?一体どうしたの?という感じを受けてしまう。

いや、確かに前作「バトル・スタディーズ」の不毛っぷりには、「怒り」よりも「呆れ」が勝ってしまって、何をどうやったらこんな駄作が出来てしまうのか?と分析する気にもなれなかったくらいなので、ここでこうした「原点回帰」的なアルバムで心機一転、出直しを図ろうとするのも分からないではないけれど.....。

いやいや、でも待って欲しい。そもそもこの人の原点って、こんな音楽スタイルだったっけ?フォークで、アメリカーナで、ニール・ヤングやボブ・ディラン的なものだったっけ?

どうもその点だけが引っかかる。アルバム自体の仕上がりは良い。プロデューサーDon Wasのおかげだろうか。アメリカ本国でのレビューもかなり好意的なものが目に付く。往年のロックファンにも、これならば受け入れられやすいだろう。「彼のキャリアの中で最高傑作」という随分と気の早いレビューまでも目にする始末だ。

でもでも、やはりちょっとだけ何かが気になる。本当にこの方向性の音楽を彼はやりたかったんだっけ?何となくだけど、借り物の衣装を身にまとい、という印象が何処かから匂ってくる。ジョン・メイヤーって、こんなキャラクターじゃなかったよなという気持ちが、聴けば聴くほどに増してくる。

反省したフリのワルガキが書いた反省文、とまで言ったらさすがに言いすぎだろうが、どうもこの人の個性がどこかに埋もれてしまったような気分が、アルバムの所々で見えてしまうのだ。

まあ、「愛とは愛するということ("Love is a Verb")」(拙訳)という毎度のバカバカしいタイトルに、ジョン・メイヤーらしさを感じて、ちょっとだけホッとしている自分は、もしかしたら邪道なファンなのかもしれない。

まあ、前作よりも数段良い仕上がりであることだけは間違いない。実に良く出来たアルバムでファンなら当然のマストバイアイテム。でもね~。う~~~ん(笑)。


|

« Vol. 1-Early Takes/ジョージ・ハリスン | トップページ | DigiFi(デジファイ) No.7 別冊ステレオサウンド »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vol. 1-Early Takes/ジョージ・ハリスン | トップページ | DigiFi(デジファイ) No.7 別冊ステレオサウンド »