« 妖談うしろ猫―耳袋秘帖 (文春文庫)/風野 真知雄 | トップページ | LOOK TO THE SKY/ジェームス・イハ »

2012年4月25日 (水曜日)

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)/高田 郁

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
高田 郁

流行っているようです。本屋の平積みでも見かけますし、小説中で出てきた料理だけを改めてピックアップして、1冊にまとめた料理本まで出ているようです。

料理人の道を志し、男女の差別や、高級店からの嫌がらせを受けながらも、健気に日々の商いに心を砕き、ひとつひとつの料理に心を込める姿が主なテーマの人情話。
そう書いてしまうと、身も蓋もないけれど、時代小説では人情モノと言えども、登場する武士がバッサバッサと人を斬り倒され、その側では政府の要人や将軍様までがお忍びであちらこちらに登場するのが常となっているため、人が斬られる場面もなく、歴史上の要人も登場しないこのシリーズを読むと、最初のうちは妙な違和感が心を占めてくる。

しかしそれも最初のうちで、読み進むほどに、登場する個々の料理の素晴らしさ(料理本が出るのも頷けます)、そして個性的な登場人物たちに、どんどん引きこまれていきます。
本作はシリーズの第3弾。過去の出来事に翻弄されながら、それでも一縷の望みに日々を過ごしていく江戸の市井の人々の姿が妙に心に残る1作。

|

« 妖談うしろ猫―耳袋秘帖 (文春文庫)/風野 真知雄 | トップページ | LOOK TO THE SKY/ジェームス・イハ »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/54555452

この記事へのトラックバック一覧です: 想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)/高田 郁:

« 妖談うしろ猫―耳袋秘帖 (文春文庫)/風野 真知雄 | トップページ | LOOK TO THE SKY/ジェームス・イハ »