« ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ/ジェイ・エリオット | トップページ | たまさか人形堂物語/津原 泰水 »

2012年3月27日 (火曜日)

昼のセント酒/久住昌之

昼のセント酒/久住昌之

特にファンには説明不要ながら、「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之氏の旅エッセイ(?)。題材のテーマは昼間から銭湯に行き、その帰りに料理をつまみながら酒を飲む、ということである。その際に訪れた銭湯と料理屋は実名で紹介。ある意味、銭湯+実生活版の孤独のグルメというところ。

酒を飲むという話なので、ほぼ著者の生活圏の歩いていける場所が中心。一部に別目的で訪れた北海道の話もあるが、多くは東京の下町(しかも銭湯があるような町)が中心となる。(1箇所、あれ?こんなところに銭湯が?という町もありますが)

あまり真剣に読んでいくと、「だからどうした?」と肩透かしをくらいそうな内容であり、小料理屋のガイドブックと見ると、食べている内容がそれほど豪華ではないので(しかもそれほど美味しそうでない場合もある)、ほとんど「ああ、行ってみたい」という気分にもならない。

ただ、著者の独特の空気感と言えばいいのだろうか、あの感じが好きな人にはかなり楽しめる1冊ではあります。まあ保証はしませんが。

|

« ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ/ジェイ・エリオット | トップページ | たまさか人形堂物語/津原 泰水 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/54329631

この記事へのトラックバック一覧です: 昼のセント酒/久住昌之:

« ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ/ジェイ・エリオット | トップページ | たまさか人形堂物語/津原 泰水 »