« たまさか人形堂物語/津原 泰水 | トップページ | Air Guitar: A User's Guide: What Every Axman Needs to Know/Bruno Macdonald »

2012年3月27日 (火曜日)

ブラバン/津原 泰水

ブラバン
津原 泰水

恐怖小説(おそらく本業はこれ)、SF作品、推理小説、と多彩に作品を書き連ねる著者のやや自伝的な青春小説。

1980年頃の高校時代のブラスバンド部での日々を回想しながら、その25年後にブラスバンド部の再演を果たそうと奔走する主人公の姿が中心のお話。

しかし、それにしてもなんと個性的で活き活きとした登場人物たちの姿だろう。ほぼ30人近い登場人物の一人ひとりが、それぞれの個性を見事に描ききっている。倦怠に包まれ、中年となった現在から、全てが輝いていたわけではない高校生活を振り返る主人公の姿が妙にリアルで生々しい。

続編や後日談、あるいは各人のサイドストーリーを期待したいところだが、この作品は1度きりだからこそ、ここまで描き切れたのではないだろうか?と考えてしまう。

それにしても非常に面白い。80年前後に高校生活を過ごした人には、無条件にお勧めしたい作品。
現時点で著者の一番著名な作品となってしまったが(Googleで著者名で検索すると一番上に表示される)、著者としては、そのことをどう感じているのか?少しだけ気になる。


|

« たまさか人形堂物語/津原 泰水 | トップページ | Air Guitar: A User's Guide: What Every Axman Needs to Know/Bruno Macdonald »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/54329629

この記事へのトラックバック一覧です: ブラバン/津原 泰水:

« たまさか人形堂物語/津原 泰水 | トップページ | Air Guitar: A User's Guide: What Every Axman Needs to Know/Bruno Macdonald »