« QUEEN of the DAYクイーン・オブ・ザ・デイ―クイーンと過ごした輝ける日々/東郷 かおる子 | トップページ | ギターがうまくなる理由 ヘタな理由(CD付) (リットーミュージック・ムック)/野村 大輔 »

2011年3月 6日 (日曜日)

もういちど 村上春樹にご用心/内田 樹

もういちど 村上春樹にご用心
内田 樹

いわゆる村上春樹の解説本は大量に出ていますが、個人的に読む価値があるのは、この内田氏の本だけかな?と思っています。
というわけで、前著「村上春樹にご用心」の続編なのですが、著者前書きの中に詳しく記載されているように、実際は増補改訂版と言った方が良いです。前著とかなりの分量、同じ内容の文が収録されています。前著を持っておられる方は、前書きに目を通されてからの購入が良いでしょう。

内田氏の話の運びに問題があるとすれば、まず話の前提が完全に間違っている場合があるということです。これは内田氏のブログの中でもたびたび起こることです。ただ、著者はその点が納得のいく説明があれば、素直に間違いを認め、その上で話を進め直すところにあります。実際のところ、この著者の場合、前提は何かのきっかけであって、前提が仮に間違えていたとしても、導かれた結論が大きく変わることは無かったりするのですが(笑)。

本文中で言えば、「日本の文芸評論家たちは皆、村上春樹を認めていない」という前提でいくつか論が始まりますが、その後、本書の中で著者も認めているように、実際には多くの評論家が村上氏のことを認めていて、逆に完全に否定している方が少数派であることが判明します。ただ、仮にそうであったとしても(あるいは無かったとして)、あまり論旨の展開には大きなズレは生じていないように思います。それが話の進め方として正しいのか、正しくないのかは、実際に本文を読んでいただいて、各自で判断する以外、無いのかなと思います。

内田氏の村上春樹分析には、あまり謎解きやパズル的な要素はありません。逆にそういう方面がお好きであれば、加藤典洋氏の一連の「イエローページ」シリーズの方が、いろいろと感じ入るところは多いかもしれません。私も加納氏のイエローページ本は1冊読んで、深く感心しました。ただ、この手の本はもういいかな?と思って、それ以降は読んでいません。まあこの辺りは好き好きですね。


|

« QUEEN of the DAYクイーン・オブ・ザ・デイ―クイーンと過ごした輝ける日々/東郷 かおる子 | トップページ | ギターがうまくなる理由 ヘタな理由(CD付) (リットーミュージック・ムック)/野村 大輔 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/51046468

この記事へのトラックバック一覧です: もういちど 村上春樹にご用心/内田 樹:

« QUEEN of the DAYクイーン・オブ・ザ・デイ―クイーンと過ごした輝ける日々/東郷 かおる子 | トップページ | ギターがうまくなる理由 ヘタな理由(CD付) (リットーミュージック・ムック)/野村 大輔 »