« Mike's Song によせて | トップページ | 散り残る/田牧 大和 »

2011年3月26日 (土曜日)

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 /田中 啓文

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)
田中 啓文

こういう時期ですが、地震前後で読んでいた本を何冊かまとめて書き出しておきます。
----

山下洋輔氏の書籍の中で、この人の本の紹介文(帯)が掲載されていて、その関係で読んでみました。

主人公はジャズプレーヤー。自身のバンドを持ち、その中のメンバーであるサックスプレーヤー、永見緋太郎が推理を働かせて事件を解決する連作短編集。
事件がいずれも、音楽にまつわる話なので(音楽評論家、楽器など)、とてもテンポ良く読めます。

もともと作者はSF系の作品を多く書いているようで、このシリーズのみが異色のようです。
ただ、ジャズの演奏シーンも実に見事に書かれているので、もう少し、本格的にこのシリーズを書いてくれてもよいのにと思います。各話の後に書かれた個人的なお勧めレコードのディスクガイドも、なかなか読み応えがあります。


|

« Mike's Song によせて | トップページ | 散り残る/田牧 大和 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/51222440

この記事へのトラックバック一覧です: 落下する緑―永見緋太郎の事件簿 /田中 啓文:

« Mike's Song によせて | トップページ | 散り残る/田牧 大和 »