« 祝福/長嶋 有 | トップページ | 虐殺器官 /伊藤 計劃 »

2011年2月 6日 (日曜日)

Access Me 対訳の解説

Access Me 対訳の解説

今回は、マイク・ゴードン(Mike Gordon)の曲です。
しかし、まだマイクというキャラクターが個人的には掴めていないのですが、なんとも雄弁ですね。しかもすごく心情的な歌詞。これは楽しい。マイク、良いなあ。

(The first time I came over I was bitten by your dog)

いやいや、いきなり最初の1行で声を出して笑ってしまった。出会いのきっかけが相手の連れていた犬に噛まれてだなんて(笑)。

うーん、面白い。そもそもタイトルのaccessだって、人に対して使う言葉ではないはずです。この曲の中では、極めて非人間的な君に対して、access、at work、machine、などの言葉が使われます。最後の行では、「(君の魂の秘密の場所までアクセスできるなら)そこまでの通行料を支払うよ」という言葉まで出てきます。

面白いなあ。マイク、本当に面白い。
でも、二人の間のやり取りすら書かれていない(犬に噛まれたのが唯一のやり取りかな)、そんな状況なのに、なんだか、不思議に人間的なやり取りが感じられます。まあ主人公の僕(I)がマイクに似ているような気がするからでしょうが。いやいや、面白いです。

(Access to your thoughts on the way that I should be)

この部分、どうも上手く訳せてないです。再考が必要ですね。


|

« 祝福/長嶋 有 | トップページ | 虐殺器官 /伊藤 計劃 »

歌詞対訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50783857

この記事へのトラックバック一覧です: Access Me 対訳の解説:

« 祝福/長嶋 有 | トップページ | 虐殺器官 /伊藤 計劃 »