« 月と専制君主 佐野元春 | トップページ | TweetATOK »

2011年1月20日 (木曜日)

Silent In The Morning 対訳の解説

Silent In The Morning 対訳の解説

手持ちのiPodの80GBにPhishだけを入れて、ショー単位でランダム再生させています。
今日、部屋で聞いているときに、この曲が流れてきて、「そういえばこの曲はかなり古い曲だけど、歌の内容はどんなだろう?」と思い、訳してみました。

文法的にややこしいところは無いのですが、うまい訳語が思いつかない箇所がちらほらありましたので、その辺りを交えて、少し書きます。

(My glance is always darting/when I stroll the avenue/
 Avoiding all the obstacles that terrorize my view)

すべて一つの文章ですね。英文解釈の授業であれば、後ろから順に訳すのでしょうが、個人的に曲の歌詞は、聞こえたセンテンス順に訳していきたいと思うので、大体前から順に訳してます。まあ日本語に倒置法が多くなってしまうのですが。

大意は「僕の一瞥は落ち着き無く辺りを見回す、それは通りをそぞろ歩いている時、僕の視界を遮っている障害物を避けながら」ですね。
係り結びが2つも後ろにあるのをそのまま訳すと、日本語で読んでいても辛いので、最初の部分は不本意ながらひっくり返して訳しています。

(If you are here with me,/I trust you to lead the way)

I trust you to~、あなたのことを信用して~させてあげる(してもらう)です。ちょっとカーナビみたいな歌詞ですね。

(When you're not I follow you,/and always go astray)

「あなたがいない、あなたについて行く、そしていつも道に迷う」が大意です。ちょっとこのままでは意味が分からないので、完全に意訳ですが、2つ目の部分を「君の影を追いかけて」としました。大きくは間違えていないと思います。

(The volume just increases/The resounding echoes grow)

訳しにくいですね。このthe Volumeは、その前の部分のyour voiceです。「(声の)ボリュームが増加して、鳴り響くこだまが成長する」が大意です。
つまり、声の声量が増し、こだまがさらに反響するということですが、声の大小は日本語では「大きくなる」という訳語以外、あまり一般的な言葉がないので、ちょっと悩みどころですね。
ここでは、「その声は大きさを増し/鳴り響くエコーがしだいに強くなる」としました。結構意訳ですね。

(Till once again I bask in morning stillness,)

morning stillness 朝の静けさ、穏やかさというところですが、要はSilentの言い換えですね。当初、silent側を「朝の静けさ」、stillness側を「朝の穏やかさ」としましたが、ここでの動詞がbask(浴びる)だったので、「朝の穏やかさを浴びる」というのは、違和感があるなあと思い、「朝の沈黙を浴びる」にしました。stillnessと沈黙は違うだろう?という意見もあるでしょうが、ここはまだ検討の余地がありますね。こういう英文側の言い換えに対し、日本語側で対応する語が1つしかないと、ちょっと辛いですね。あまり日常的でない訳語をあてるのも違和感があるし。難しいです。

(I tighten all my arteries and make one last request)

その前の文章が的(ターゲット)の話だったので、アーチェリーかと思いましたが、こちらはarteries(動脈)でしたね。動脈を硬くするというのは、不思議な言い回しです。慣用句ではないと思いますが。

(He'd like to brush you off, and I'd agree)

さて、最後の最後でheが出てきました。これは誰でしょう?思うに、2番の途中で出てきたDivine creation(神という名の創り主)のことだと思いました。
この歌の中で、神は「僕を恐怖で押しつぶそう」としています。この行でも「君を拒むことを喜んでするだろう」と書かれています。辻褄が合うので、ここは「彼」ではなく「神」としました。
なお、次のandは、意味としては「でも僕は」という前文の反対の接続詞でしょう。後に続く文が肯定文だったので、andだったと思ってます。

書き忘れていましたが、この曲、一見簡単そうに聞こえるのですが、メンバーの調子が(特にTreyの調子が)悪いときに演奏すると、まあ耳を覆いたくなるほどにメタメタの演奏になってしまいます。メンバー間のバランスが難しい曲なんだろなと、そんなふうに思いながら、「最後までピリっとやってくれよ~」と、ひやひやしながら聞いてます。



|

« 月と専制君主 佐野元春 | トップページ | TweetATOK »

歌詞対訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50630924

この記事へのトラックバック一覧です: Silent In The Morning 対訳の解説:

« 月と専制君主 佐野元春 | トップページ | TweetATOK »