« リトル・シスター  レイモンド チャンドラー | トップページ | この道はいつか来た道?(クラシック→ジャズ→ロック) »

2011年1月12日 (水曜日)

Sample In A Jar 対訳の解説

Sample In A Jar 対訳の解説

対訳を読まれた方の中には、「何これ?合ってるの?」と思われたことでしょう。
まあ「多分、合ってますよ」としかお答え出来ないのです。ええ、多分合ってますから。

当初、この解説も細かく書き始めましたが、それこそ1行ずつの説明になってしまって、収拾がつかなくなったので、とりあえず、「ちょっとここは、自信がないなあ」とか「ちょっと言っておきたい」という部分だけ、抜き出して書きます。

And saw you dancing with Elihu/Up on Leemor's bed

主語のIが省略されていますが、大意は「(僕は)君がエリフと一緒に踊っているのを見たよ/リーモアのベッドの上で」です。ところでこのエリフとリーモアが唐突に出てきて、「これ誰?」と思います。当初どちらも女性名かな?と思っていましたが、どうもElihuはやや男性名でした(女性に付けている例もあり)。どちらの名前もヘブライ語起源のようで、聖書の何かに関連するようですが(Elihuに「聖書」の訳語を提示する英和辞書サイトも見かけました)、そう訳したところで、あまり意味があるとは思えなかったので、ここは人名で訳しています。

And on the market stands unfolding/With all their willies and their wares

すごいですね。この1行目、主語がどれだか分かりません。当初、market-standという1語かと思いましたが、それだと動詞がなくなるので、しかもon the market(市場に出る/売り出された)の結びつきが強いので、on the marketで一旦切っています。そうするとstandsは動詞かな?(三単現のsもあるし)と思いました。それにしても主語が無い。後半の展開を見るに、Iの連発なので、ここは主語のIが省略されていると見ました。いやいや、何だ?この歌詞。(※追記。いやいや I が主語なら三単現のSなんて付かないですね。じゃあここ間違えてるな)

with all one's ~、しかしこのwilliesが曲者。willieには英俗でペニスの意味がありますが、あくまでこれは米国人の曲。いかにここまで曲全体に意味が無いとはいえ、ここでペニスが出てくるのは理不尽すぎるので、それは却下。williesに「恐れ」という意味があるので、そちらを採用。しかし対になる後ろの単語がwares。商品や商材という意味です。waresに(売りに出せる)才能や能力の意味があります。前のwilliesもwillie+sではなく一語として取ったので、ここはそちらの意味を取りたいと思いました。自信はありませんが、大きくは外していないと思います。

I shuffle by alert but numb/To all the glances and the glares

ウワーですね。この辺で投げ出したくなります。あまりに変な文章です。でも気を落ち着けて。一応ここは、I shuffle/by alert/but I numb to~2行目と読みました。難しいですね。

なんというのか、決め付けみたいなことは言いたくありませんが、ここまで歌詞に意味がないと、ちょっと「参った」という感じになります。


|

« リトル・シスター  レイモンド チャンドラー | トップページ | この道はいつか来た道?(クラシック→ジャズ→ロック) »

歌詞対訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50558721

この記事へのトラックバック一覧です: Sample In A Jar 対訳の解説:

« リトル・シスター  レイモンド チャンドラー | トップページ | この道はいつか来た道?(クラシック→ジャズ→ロック) »