« Ghost By Phish 対訳の解説 | トップページ | しぐさの英語表現辞典 »

2011年1月17日 (月曜日)

お縫い子テルミー

お縫い子テルミー
栗田 有起

この人の作品の魅力は、独特の間とテンポの良さだろう。読みはじめから、かなりグイグイと心地よく持っていかれる。
もし、この人の作品に難点らしきものがあるとするなら、それは物語の中で起こる出来事について、読者を説得出来ているか?ということのような気がする。

小説の中では何が起こってもOKだ。猫が人間に話しかけようが、死んだ人間が生き返ろうが、それは作者の自由。でも、どんな展開になったとしても、読み手に何かしらの疑問が残ってしまうと、それは作者の力不足だろう。

読み手である当方の技量不足ということもあるのだろうが、時々、あれ?と思うことが、この作者にはある。作者と読者の性別の違いからくるものだろうか?その点だけが少し残念。でもそれを差し引いたとしても、この人の物語には強い力があると思う。


|

« Ghost By Phish 対訳の解説 | トップページ | しぐさの英語表現辞典 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50603546

この記事へのトラックバック一覧です: お縫い子テルミー:

« Ghost By Phish 対訳の解説 | トップページ | しぐさの英語表現辞典 »