« まじかるきのこさん 本 秀康 | トップページ | 一生使えるギター基礎トレ本 ソロ強化編 ~アドリブで音を外さないコード・トーン・アプローチ »

2011年1月19日 (水曜日)

Free 対訳の解説。

Free 対訳の解説。

個人的な話から。
アルバム、Billy Breathesの発売が99年頃だと、なぜか勘違いしていたため、95年のショー音源(95/11/14)でこの曲が演奏されていて、「あれれ?」と驚いてしまった。
それにしても、前曲のエンディングからギターのロングトーンがこの曲のイントロへと、一気にぐいっと舵を切り返す演奏が好きです。ちょっと強引過ぎて、笑ってしまう日の演奏もありますが。

あまりややこしいところもないので、特に解説は不要ですが、個人的に自信のないあたりを以下に記します。

(Bouncing gently round the room)

にやりとしますね。Bouncing Around The Room(ついでに、アルバム、Round Room)を思い出させます。
ところでこれ、よく見ると、round room じゃなくて、round "the" roomなんですね。つまり「丸い部屋」ではなくて、「Bouncing gently round」状態の「the room」なんじゃないかな?と思っています(ちょっと自信なし)。


(I'm floating in the blimp a lot)

あともう一つ。曲の最初と最後に出てくるこのフレーズ
文末の"a lot"がよくわかりません。"thanks a lot"と同じ用法かな? じゃあ「たっぷりと浮かんでいる」という意味なのかな?



|

« まじかるきのこさん 本 秀康 | トップページ | 一生使えるギター基礎トレ本 ソロ強化編 ~アドリブで音を外さないコード・トーン・アプローチ »

歌詞対訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50622355

この記事へのトラックバック一覧です: Free 対訳の解説。:

« まじかるきのこさん 本 秀康 | トップページ | 一生使えるギター基礎トレ本 ソロ強化編 ~アドリブで音を外さないコード・トーン・アプローチ »