« Stash 対訳の解説 | トップページ | Stash 対訳の解説その2 »

2011年1月23日 (日曜日)

演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ギター 新装版 (CD付き) (テクニック向上促進プロジェクト)

演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ギター 新装版 (CD付き) (テクニック向上促進プロジェクト)
トモ藤田

■PART 1 フィンガリング&ピッキング・トレーニング
■PART 2 指板上の音程と音名の把握~音感トレーニング
■PART 3 トライアドを生かしたトレーニング
■PART 4 リズム&読譜トレーニング
■PART 5 ブルース進行とEコード一発によるグルーヴ・リズム・ギター・トレーニング
■PART 6 ブルース進行によるアドリブ/リフ・トレーニング
■PART 7 スラップ・ギター・トレーニング
■PART 8 「Just Funky」にチャレンジ

新装版と書かれている通り、過去に発売された書籍の新装版です。なお、現時点でも入手可能なDVD版「ワークショップ DVD版 ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ」と内容は9割以上同じ。異なるのは第6章の「ブルース進行によるアドリブ/リフ・トレーニング」の部分と、第8章の「「Just Funky」にチャレンジ」の部分が追加されていることだけです。
(なお未確認ながら、第6章は別の教則DVDと同じ内容だったと思います)

全体的に説明が細かくなった点と、説明文の一部が「ギター・マガジン 耳と感性でギターが弾ける本」と重なる箇所がある点、タブ譜が見やすくなった項目があるという点で(ただし大半はDVD付属の小冊子と同じ)、若干の違いはありますが、すでに上記のDVDを持っている人は買いなおしは不要と思われます。

ただ、DVDの価格と今回の書籍の間には1000円の差があるため、DVDをお持ちでなく、良書の教則本をお探しの人には確実にお勧めできる内容です。
トモ藤田氏の目指すギタースタイルは、安定したギタープレイが出来ることで、速弾きやタッピングなどのプレイを求めている人には、まったくつまらない内容ですが、ギター初心者や、何年ぶりかでギターを一から練習しなおそうと思っている人たちには、役に立つ練習法や考え方が載っています。
まあ、トモ藤田氏については、mixi方面で真偽の怪しいネガティブな噂も耳にしますが、この人のギタープレイは職人気質の手堅いプレイできっちりと仕上げているので、ギターの練習として本当に基礎固めにはもってこいです。

なお、トモ藤田氏には、類書やDVDが多数出ていますが、あくまで個人的な感想を言えば、この書籍か同名のDVDのいずれか一つと、「耳と感性でギターが弾ける本」を持っていれば、トモ藤田氏関連の教則関連は、それ以上は要らないと思います。この2つをみっちりやるだけでも、かなり上達できるはずですし。
トモ藤田氏監修で、別の講師が先生役となったDVDも数枚持っていますが、(1)結局はリフ集である、(2)目指すゴールが不明、という点で、あまりお勧めはしません。この本(もしくはDVD)と、「耳と感性」本をしっかりマスターしましょう。



|

« Stash 対訳の解説 | トップページ | Stash 対訳の解説その2 »

ギター本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50665391

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ギター 新装版 (CD付き) (テクニック向上促進プロジェクト):

« Stash 対訳の解説 | トップページ | Stash 対訳の解説その2 »