« ビートルズ・イクイップメント・ストーリーとJimi Hendrix Gear | トップページ | Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 »

2010年12月 2日 (木曜日)

ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る

ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る

詩人として、常にトップランナーとして走り続ける人は、この人以降、二度と出て来ないだろうなあ。デビューから、常に休むことなく、詩を作り続けてきた作者のロングインタビュー集。
読んでいて思ったのは、意外にも意識的に詩作を続けている姿だった。言葉を選び、常に明確な意識を持って作品を作り続ける。考えてみれば、当たり前の創作作業だが、何故か、詩作というものが持つお手軽感から(もちろんそれは間違った認識だ)、何の苦労もなく言葉が湯水のようにあふれてくるのだろう、と思い込んでいた。

|

« ビートルズ・イクイップメント・ストーリーとJimi Hendrix Gear | トップページ | Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビートルズ・イクイップメント・ストーリーとJimi Hendrix Gear | トップページ | Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 »