« ロック母 | トップページ | Grateful Dead本のあれこれ。(入手が簡単なもの編) »

2010年12月 6日 (月曜日)

コトリトマラズ と オテル モル

コトリトマラズ と オテル モル

ここ数年の間に読んだ女流作家の中では、 栗田有起のものが一番面白いと思う。
緻密なようでいて、どこか投げやり。考えているようでいて、どこかしら考えていない。
どの主人公も不安定な日常を危ういバランスで持ちこたえているように思えるが、ちょうど、そんな不思議な読後感がある。

|

« ロック母 | トップページ | Grateful Dead本のあれこれ。(入手が簡単なもの編) »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50226308

この記事へのトラックバック一覧です: コトリトマラズ と オテル モル:

« ロック母 | トップページ | Grateful Dead本のあれこれ。(入手が簡単なもの編) »