« Grateful Deadのサポート部隊やマネージャーたちの内輪話をいくつか。 | トップページ | スペース~拝啓、ジェリー・ガルシア~/Yo-King »

2010年12月 9日 (木曜日)

ノラ・ジョーンズの自由時間

ノラ・ジョーンズの自由時間

ノラ・ジョーンズが他のアーティストと共演した曲を一枚にまとめたアルバム。
ジャズ、カントリー、ロック、バラード、ボサノバ。どのジャンルの、どんなアーティストとでも、きちんと合わせてみせる柔軟で自在な声。
そこが没個性で嫌だと言う人もいるようだが、とんでもない話だ。
彼女には溢れるような才能がある。とにかく肩肘を張らず、(あまり好きな言葉ではないが)自然体のように軽やかに歌ってみせるのは、傍で見ているよりも、余程難しく大変な才能だ。とにかく素晴らしい。

このアルバムに難点があるとすれば(皆さんお気づきのように)、この(企画会議か何かで)散々ひねったつもりで、明らかに滑ってしまった邦題だろう。でも大丈夫、中身はそんなことくらいでどうにかなるレベルではないから。(ただし、そんな日本盤にはボーナストラックが付くようだ)

<ついでに>
エルヴィス・コステロがホスト役を務める音楽番組「スペクタクル」(ご存じない方には冗談のように聞こえるだろうが、この番組は実在します)。この番組にゲストの一員としてノラが招かれたとき、番組のテーマはカントリーだった。
舞台左手からノラ・ジョーンズ、クリス・クリストファーソン、エルヴィス・コステロ、ロザンナ・キャッシュ、ジョン・メレンキャンプ。YouTubeでも何曲か見れるようなので、1曲だけリンクを貼っておきます。

Big River
http://www.youtube.com/watch?v=nTHZY0bxXAA

<おまけ>
コステロホスト役の音楽番組、スペクタクルの豪華なゲスト陣はこちらを参照。
http://www.elviscostello.info/wiki/index.php/Spectacle:_Elvis_Costello_with...

|

« Grateful Deadのサポート部隊やマネージャーたちの内輪話をいくつか。 | トップページ | スペース~拝啓、ジェリー・ガルシア~/Yo-King »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50264289

この記事へのトラックバック一覧です: ノラ・ジョーンズの自由時間:

« Grateful Deadのサポート部隊やマネージャーたちの内輪話をいくつか。 | トップページ | スペース~拝啓、ジェリー・ガルシア~/Yo-King »