« Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 | トップページ | KORG M01 »

2010年12月 3日 (金曜日)

恋の手本となりにけり

恋の手本となりにけり  永井 紗耶子 (著)

惜しいなあ。もうちょっと上手く登場人物を操れないものか。舞台設定や登場人物の選定に工夫があるだけにその点が不満。とりあえずは、今後に期待したいところ。まだデビュー作だしね。
主人公は若き日の遠山金四郎。そして彼の監督役として大田南畝。殺された花魁を探るほどに、武家社会の歪みに苛立ちを覚えるという流れは悪くは無いが、それにしても人物が上手く動かせていないようなもどかしさがある。シリーズ第2弾に期待。

|

« Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 | トップページ | KORG M01 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Marketing Lessons from the Grateful Dead追記 | トップページ | KORG M01 »