« 日曜大工で作る次世代標準 4オクターブギター製作と新世紀アレンジ入門 | トップページ | 【追加情報】ブルース・ギター大名鑑 写真でたどる名器とブルースの歴史 »

2010年12月23日 (木曜日)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)  伊藤計劃

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
伊藤計劃

舞台は近未来。核戦争を経験した世界が選んだ道は、体に健康管理用の分子を埋め込み、管理サーバーとの通信を行ないながら、データのアップデートをすることで、身体を病原体から守るという方法。
全人類の8割がその道を選び、病気で人が死ぬことがなくなった結果、各個人はそれぞれのプライバシーというものを持たず、自分の身体までもを、公共のためのリソースと見なすことにためらいを感じなくなっている世界。
そんな一見、理想郷のような世界に対して発生したテロ行為を中心に話は進む。

ここ10数年以上、SF小説を読まなかっため、この作品と作者のことは全く知らなかったが、緻密にして稚拙な、そして、それゆえに生み出されるリアルな世界観のため、一気に読み上げてしまった。

病気で死なないということ。それは理想のようでいて、結果的に様々な判断を自分以外のシステムに委ねてしまうことになる。人の意識とは、そもそも何なのか?そうした環境で、人は意識を持ち続けられるのか?

本作を執筆後、作者は病気により亡くなっています。実質3作目。小説家としての本格的な小説とすれば、第1作と呼んでもいいかもしれない。惜しい。あと5年、この作者が創作活動を続けることが出来たなら、この作品をしのぐ、それこそ世界的な名作を生み出すことが出来たのではないだろうか?

|

« 日曜大工で作る次世代標準 4オクターブギター製作と新世紀アレンジ入門 | トップページ | 【追加情報】ブルース・ギター大名鑑 写真でたどる名器とブルースの歴史 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50361816

この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)  伊藤計劃:

« 日曜大工で作る次世代標準 4オクターブギター製作と新世紀アレンジ入門 | トップページ | 【追加情報】ブルース・ギター大名鑑 写真でたどる名器とブルースの歴史 »