« のだめカンタービレ25巻(完) | トップページ | PhishのDVD事情 »

2010年12月26日 (日曜日)

Endless Harmony by The Beach Boys

Endless Harmony by The Beach Boys

皆さん、ビーチ・ボーイズはお好きですか?一時、盛り上がっていましたが、最近またビートルズに遅れをとっているような気がしてしょうがないです。
いや、もちろん、ビートルズと比べようとすることが、既に負けを認めているというか、比較の対象ですらないというか...。まあ、それはさておき。

私もビートルズは、小学生の頃から、家で赤盤・青盤が流れており、それ以来、どっぷりとハマってしまったくちです。その後は、各自のソロ活動やら、アンソロジーが出る前には高価な海賊盤を買いあさったりと、ビートルズにはかなりお世話になりました。

で、ビーチ・ボーイズのよさに気づいたのは、そこから更に20年後、今から10年くらい前の話です。
まあ話を長くしてもしょうがないので、以下、ビーチ・ボーイズを聴き始めるための要点だけ書いておきます。

○Pet Sounds(ペットサウンズ)から聴き始めてはいけない。
 → あれは確かに永遠の名盤。噛めば噛むほど味が出てくるスルメアルバムですが、あれはビーチ・ボーイズの中でも異色のアルバムです。
 → しかもいきなり聴くと、(楽器の編成が変すぎて)「なんだこれ?」になります。
 → 大丈夫、この先、ペットサウンズのアルバムが入手不可になることはありません。もっと後に聞きましょう。
○各種ベスト盤は聞かなくてもいい。
 → ただですら名曲の多いこのバンド。耳に優しく美しい曲ばかりがセレクトされたベスト盤は聞いた気分になるだけ。オリジナル盤を聴きましょう。
○そう言っておいてなんですが、最初のお勧めは、コンピレーション盤のEndless Harmony(エンドレス・ハーモニー)。
 → これはビーチボーイズのドキュメンタリー映画のサウンドトラックという位置づけですが、音も選曲もすばらしい。しかも別テイクやリマスターが全曲されていて、オリジナルとかぶりません。まずこれから行きましょう。
○その後のお勧めは、過去の2枚のオリジナルアルバムが1枚のCDになったシリーズがお得です。安いしね。
 → まずは「Today !」と「Summer Days」が1枚にまとまった、「Today !/Summer Days」アルバムがお勧め。
 → その次は、ブライアン・ウィルソンの影響から抜け出した「Sunflower / Surf's Up」がお勧め。

この3枚のどれを聴いても、「良さがやっぱり分からない」という人は、もうやめましょう。
申し訳ないですが、あなたはビーチ・ボーイズに向いてないです(すいません)。

【追記】
リファレンス本の決定版が、既に絶版状態ですかあ(一応リンクは張っておきます)。
更なる再発(2011年版)の発売を待ちたいですね。


|

« のだめカンタービレ25巻(完) | トップページ | PhishのDVD事情 »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/50378557

この記事へのトラックバック一覧です: Endless Harmony by The Beach Boys:

« のだめカンタービレ25巻(完) | トップページ | PhishのDVD事情 »