« 椅子とクマ | トップページ | コルシア書店の仲間たち »

2006年7月14日 (金曜日)

通勤カバンの上の小宇宙

Nec_0003

通勤の電車の中でも、これだけで小さな宇宙が成り立つ。

原文のテキスト(のコピー)、電子辞書、速記用の太ペン(1.2mm)、縦長のノートブック、旧式のiPod。

ちなみに、この時のBGMは、SuperTrampの"Breakfast in America"。

|

« 椅子とクマ | トップページ | コルシア書店の仲間たち »

日常的なること」カテゴリの記事

コメント

SuperTrampの"Breakfast in America"
めちゃくちゃ反応しました!!
懐かしい〜〜!
ぼくにとってかなり初期の洋楽体験。

投稿: ホソケン | 2006年7月14日 (金曜日) 16時47分

パラララ、のところがすごいよね(笑)。あの能天気さは、ほぼ無敵だ。

投稿: asaden | 2006年7月15日 (土曜日) 09時43分

>「Breakfast In America」
中学生の時のヘビロテでした(FMでエアチェックした)。
Oh,Darlinにゾクゾクしてました(ああ、こういう声の人と恋をするのだ)。←マセてた。
「とても論理的な歌」は高校の時のダンスの授業のグループごとの発表で使いました。
タイトル曲はたしかSONYのCMで使われていましたね。

投稿: CHIKAKO | 2006年7月17日 (月曜日) 22時47分

ごめんなさい。ダブり消して下さい。
文字化けしちゃうし、なんかだめですね。

投稿: CHIKAKO | 2006年7月17日 (月曜日) 22時51分

Chikakoさん、ご無沙汰です。
文字が化けますかあ、なかなか書き込めない人もいたりして、Niftyどうなっている?状態です。

しかし、そうでしたか。BreakFast in Americaは、SonyのCMでしたか。あの当時、CMで聞いて、メロディが非常に印象深かったのですが、当時ストイックを決め込んでいた僕は、「こんな耳に残りまくる音楽に気を惹かれてはイカン」と、極力無視を決め込んでいました。当時、14歳くらいだった自分が、いかにストイックを履き違えていたかが良く分かりますね。

そういうわけで、今は耳に心地よい音楽は、分け隔てなく聴くお気楽オッサンモードなので、毎日聞いています。パラララっと。

投稿: asaden | 2006年7月20日 (木曜日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/10927977

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤カバンの上の小宇宙:

« 椅子とクマ | トップページ | コルシア書店の仲間たち »