« 近くて遠すぎる国 | トップページ | 慣れてきました »

2006年4月26日 (水曜日)

マックと本屋に連れて行ってくれ

というわけで北京にいます。

北京空港の国際便出口正面に小さなブックスタンドがあって(なんと隣はスターバックス!)、会社の同僚(中国人)と待ち合わせ中に、村上春樹の「ノルウェの森」の中国語版を見つけて買いました。結構立派なサイズの本ですが、18.8元(300円弱)也。その横には(並べ方がでたらめなので)李小流読本という、ブルースリーの本がありました。こちらは33元(500円弱)。あんまり買うと行商人になりそうなので、そちらは見送りましたが、とにかく安いので、あれこれ買ってしまいそうになります。

仕事が早く終わった日は、高級中華料理店よりも、マクドナルドかケンタッキー(どちらも通りの向こうにある。でも道路が危険すぎて渡れないし、一人歩きは禁止されている(苦笑))に行って、そのあと本屋に行きたいなあと思う中国滞在2日目状態です。

うー、黄砂で顔がざらざらする。

|

« 近くて遠すぎる国 | トップページ | 慣れてきました »

日常的なること」カテゴリの記事

コメント

やっぱりノルウェの森は「乗上的森」とかいうタイトルなの?

投稿: ホソケン | 2006年4月26日 (水曜日) 17時09分

えーっと、発想は間違えていませんが、やや違います(笑)。
ノルウェイという音を漢字で表記したらどうやら、「手偏に那の字」と「威」の字で、ノルウェイとなるようです。イメージで書けばこんな感じかな。「才那・威・的・森」
ピンインの発音では、Nuoweiです。

投稿: asaden | 2006年4月26日 (水曜日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/9772958

この記事へのトラックバック一覧です: マックと本屋に連れて行ってくれ:

« 近くて遠すぎる国 | トップページ | 慣れてきました »