« 自動パン焼き機 | トップページ | Ryan Adams 再考 »

2006年2月 7日 (火曜日)

"29" Ryan Adams

29
「悪夢のように暗いアルバム」

一聴した感想はそれだけです(笑)。それ以上でもそれ以下でもない。とにかく悪夢というものを音にして、誰かに伝えるとすれば、これくらい的確な構成はないだろうと言いたくなるくらい暗いです。まさに悪夢です。

一曲目のアルバムタイトル曲が、Grateful Deadの"Truckin'"的な曲調で、一見明るいけれど歌詞がなんとも暗い。その後、2曲ほど暗い内容を暗い曲調で歌い(笑)、一見明るい曲調ながらこれまた内容が暗い曲が続いて、で、それを以下3回繰り返したらアルバム終了、という感じ。

思えば、昨年のライアン・アダムスは年明けそうそうにアルバムを年内に3枚出すと公言し、5月にまず出したのが"Cold Roses"というアルバム。これがいきなりの2枚組セットでほぼ全曲が捨て曲なしの超名盤。これは良いです。

そして9月に出たのが"Jacksonville City Nights"というほぼ全曲がカントリーソングのアルバム。なんというのか、今ひとつポップさに欠けるというか(まあそれでこそカントリーということなのか)、グラム・パーソンズが生きながらえていれば、おそらく一度はこういうアルバムを作るだろうなという、なんと言えばいいのか、まあいわゆる佳作であった。

そして年末の12月に、約束を果たすためかのように出されたのがこの"29"。噂ではこれが一番早く録音が終わっていたという話だけれど、これが心地よい5月の春先に出ていたら、年内に3枚も出させてもらえなかったかもしれませんな。

そういえば、フジロックでせっかく来日をしておきながら、所謂ブチ切れモードに突入し、演奏半ばでステージを捨てて、多くのファンから顰蹙を買ったのも去年のことでしたし、Phil & Friendsのメンバーとしてライブ演奏をしたのも去年でしたね(順序が逆だな)。

まあ、フジの一件についてあえて庇いはしません。しかしながら、最近見つけたRyan Adams Archieveというサイト(http://ryanadamsarchive.com/)から、ここ数年のライブ活動のSBD音源を入手して聴くと、過去の曲、最新の曲、カバー曲などなどが、好き勝手に日ごとにアレンジが変えられていて、「ああ、この曲はそういう曲だったのか!」と膝を何べんも叩かせられる。いやはやこの男、天才かもしれない。

同サイトでは、過去に録音をしながら没にした曲が、それこそアルバム単位(笑)でゾロゾロと出てくる。なんだかまるで、ドラえもんのポケットのように、苦もなく曲が溢れ出てくるようだ。

2003年に"Rock N Roll"というアルバムが出て、これはなんだかよく分からない問題作的な匂いがプンプンする、実に乱暴なアルバムでしたが、このアルバムの象徴的なパンク調の曲"This is It"も、実際にはその時のツアーでは、アコギで弾き語られていたようだし。なんだか人の器は限りなく狭そうですが(笑)、音楽的な才能は異様に広いですな、この男。

いろいろ書きすぎて、収拾がつかなくなってきましたが、要はライアン・アダムスに興味があっても、間違えても"29"から聞き始めてはいけませんということです。悪いことはいいませんので、"Gold"か"Cold Roses"から入って、後は好きなように聞きましょう。

|

« 自動パン焼き機 | トップページ | Ryan Adams 再考 »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

いい。
Ryan Adams。
好きです。

最近、こいつという奴、いなかったけどWILCOのジェフとライアンは別格です。こういうの久しぶりですが(笑)
だから、音源、一杯聞きたいですね。

マグノリア・マウンテン。
好きです。何回聞いても。

だから、音悪くても、P&Fのレッド・ロックス、
12.29.05 毎日、一度は聞いてます(笑)

投稿: 130 | 2006年2月 8日 (水曜日) 05時19分

いい。
Ryan Adams。
好きです。
最近、こいつという奴、いなかったけどWILCOのジェフとライアンは別格です。こういうの久しぶりですが(笑)
だから、音源、一杯聞きたいですね。

マグノリア・マウンテン。
好きです。何回聞いても。

だから、音悪くても、P&Fのレッド・ロックス、
12.29.05 毎日、一度は聞いてます(笑)

投稿: 130 | 2006年2月 8日 (水曜日) 05時20分

ライアンガイド、ありがとうございます。
オフィシャルは何も聴いてませんが、
Cold Rosesは買おうかな。
フジロックといい、単なる憶測イメージなんですが、
この人って若いころのDylanとダブって仕方ない。
(Dylanもほとんど聴いてませんが)
自分の中のキーパーソンの一人であることは
間違いないです。

P.S.
「悪夢のように暗いアルバム」もやっぱり
聴いてみたいなあ。きっと一度限りだろうけど....


投稿: ぜっぷ | 2006年2月 8日 (水曜日) 08時25分

フィルフレ&フジともに、お子チャマ加減にがっかりしてしまった事もありましたが、
実は大好きなのです・・・。
声が特に。。。
CD買ってしまうでしょう。

投稿: kay | 2006年2月 8日 (水曜日) 11時16分

> なんだか人の器は限りなく狭そうですが(笑)、音楽的な才能は異様に広いですな、この男。

んだんだ・・・。 僕もそんな感じで思っています。
すばらしい曲も書くし、パフォーマーとしてもすごいと思います。
(Phil & Friendsに合うか合わないかは別にして)
Cold & Rosesもすごく好きだし...。
やっぱり好きなアーティストです。
そうか〜29はそんな暗いのか〜?

投稿: ホソケン | 2006年2月 8日 (水曜日) 13時33分

>>130さん

良いですよね。ライアン。僕もマグノリア大好きです。
例のブツ、昨日送りましたので、しばしのお待ちを。

>>ぜっぷさん

>この人って若いころのDylanとダブって仕方ない。

なるほどディランですか。確かにまだ若いですしねえ。
しかしぜっぷさんも、ライアンにちと興味ありですか。
では、何か見繕いましょうかねえ。

>>kayさん

>実は大好きなのです・・・。
>声が特に。。。

そうです。声がすばらしいのですよ。僕も声と、流れるようなメロディが大好きです。買っちゃえ、買っちゃえ。

>>ホソケンさん

>そうか?29はそんな暗いのか??

そうなんですよ。そんなに暗いのですよ。
今日はお出かけついでに「29」アルバムを電車の中で聞いていましたが、この暗さって、元スミスのボーカリスト、モリッシーに通じるものがあるなあと思い始めました。

投稿: asaden | 2006年2月 8日 (水曜日) 22時11分

Cold Roses、アマゾンでクリックしちゃいました。
asadenさん効果?
最近はGDのお布施をサボって違うのばっかり買ってるなあ...
US盤が1914円。
UK盤が3070円&4057円。この違いって一体??
もちろんUS盤です。29はまだ止めておきますです。

投稿: ぜっぷ | 2006年2月 9日 (木曜日) 03時30分

>>ぜっぷさん

>Cold Roses、アマゾンでクリックしちゃいました。
>asadenさん効果?

毎度あり(笑)。

>>隠れライアンファン各位あて

当方には、現在2005年06月03日のSBDライブ3枚組と、その頃のライブコンピ5枚組セット、2004年秋以降のライブコンピ4枚組セットがあります。

B&Pもお受けしますので、ご入用の方はメールにて連絡をよろしくです。

各音源の詳細は以下を参照くだされ。
http://bt.etree.org/details.php?id=21806
http://bt.etree.org/details.php?id=15978

投稿: asaden | 2006年2月 9日 (木曜日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/8556288

この記事へのトラックバック一覧です: "29" Ryan Adams:

« 自動パン焼き機 | トップページ | Ryan Adams 再考 »