« 書棚より:Dead Base VIII | トップページ | 責任者は不在です »

2006年1月23日 (月曜日)

舌の根の乾かぬうちに

あえてライブドアの肩を持つつもりもありませんが..という前置きを書いてから本題に入ります。

一連のライブドア報道を見ていて、怖いなあと思うのは、マスコミの変わり身の早さ。

先月まで時代の寵児のように皆して持ち上げていたのに、強制捜査が入った翌日から、とある番組では「いやあ、実はあの堀江という男のことは好きになれなかった」と出演タレントに言わせて、その場の出演者全員でうなずく始末(関西ローカルだけの放送かも)。

でも、今回の逮捕報道を受けて、もっともっと「実は以前から(あの会社は、あの男は)胡散臭いと思っていました」的な発言をするタレント・解説者・評論家・コメンテーター(しかし「コメンテーター」というのは、なんとも頭の悪そうな肩書きですな)たちがテレビ画面に溢れかえることでしょう。

強制捜査の翌日のニュースで、ジャパンタイムス(だったかな?)の副編集長が言っていた「株式分割をしたからと言って、自動的に株価が上がるわけじゃない。それを買おうとする人がいるから株価が上がるんです」という当たり前の発言。しかし、その後の多くのニュース番組では「株式分割を繰り返して株価を吊り上げた」という、やや不正確で、その行為自体が犯罪行為と思わせたいような偏った報道ばかり。見ていて「何だかなあ」と思いました。まあ、今回の逮捕の容疑理由と、株式分割は別ごとではありますがね。

まあ、「叩けるうちに叩いてしまえ、だから胡散臭そうな話はまとめてさせてもらいますよ」というのが、強制捜査から昨日までの「報道姿勢」というものなのでしょう。
そして明日から、いや今晩からの「報道姿勢」は、晴れて犯罪者の仲間入りをしたので、盗人呼ばわれで悪口が言えるということですな。

重ねて申し上げますが、ライブドアの肩を持つつもりは毛頭ありません。
ただ、マスコミの変わり身の早さと、視聴者にどう思わせたいのかの(あえて「情報操作」とは言いません)「報道姿勢」には、改めて怖いなあと思いました。

|

« 書棚より:Dead Base VIII | トップページ | 責任者は不在です »

なんだかなあ」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。
最悪ですね。
いやな、波長です。
僕も堀江さんには、なんの興味もないのですが。

投稿: 130 | 2006年1月24日 (火曜日) 00時24分

ほんとうに。
私も折にふれそう思います。
大きな力はときに怖いですね。
(まぁホリエモンさんは別として、)以前、一人の男性がサリン事件の容疑者扱いされた時、マスコミの報道のせいで、視聴者の多くが彼を犯人と疑わなかった。もし自分がそういう立場になったら・・・辛すぎです。また、人をそんな悲しい立場にしないためにも、本質を見抜く力を養いたいですネ。と、asadenさんの日記を読んで思いました。

投稿: pull | 2006年1月24日 (火曜日) 01時01分

ははは....まったく同感です。
ついさっき、某MIXIの某shineさんの日記
コメントにまったく同じことを書いてきて、
これを読んで思わず笑ってます。

投稿: ぜっぷ | 2006年1月24日 (火曜日) 07時43分

我が家ではナベツネがイトひいてるんじゃないか、と言い出す始末。
あんまりの報道の論調の扱いの違いに、こんなことまでいいたくなる、そんなここ数日間ですよね。

投稿: ラスク | 2006年1月24日 (火曜日) 12時12分

まったくそのとおりです。
私はあの社長、特別嫌いじゃありません。肩をもつわけではありませんが、新しいことをはじめる人がいるから、世の中動いていくわけだし。
それはおいておいて、標的の人を好き嫌いというより、周りのコウモリのごとく、あっちへ行ったりこっち行ったりの豹変ぶりが怖くなりました。

そういうことについて考えることの多い今日この頃です。
「野ブタ、をプロデュース。」を見ているときにも、ウワサに翻弄されて、イジメる標的を変えていくクラスメートに同じことを感じました。

自分はそうならないように気をつけないと。

投稿: まゆ | 2006年1月24日 (火曜日) 12時51分

>>130さん、PULLさん

昨日の晩はテレビを見ずに寝たので、先ほどテレビを半日ぶりに見ました。
しかし予想通りの「だから俺は昔から言ってただろ」の連発(某外人スペクター他数名)には、笑ってしまいました。そういうのは本人が絶頂期の時に、テレビの画面に向かってきっちり言ってごらんよ、と思いますな。

それにしても、どのワイドショーも、堀江氏の過去の絶頂期について語る時、皆一様に「反省会」のような様相を帯びてしまうのはどうしたことだろう?
あと、今回の事件について何らかの教訓を得ようとしているみたいに解説を加えている某評論家もいたけど、彼の論旨では「金で何でも出来るという人間は信用するな」というだけの結論になってしまうんだけどなあ(苦笑)。

今回の教訓は「やっぱりマスコミは怖い」ということでしょう。
株買収問題の時には、すっかり悪人扱いだったフジテレビだか日本テレビだかの役員が、先週から完全に善人扱いだしね。あれって編集の恐ろしさだなあ。

>>ぜっぷさん

そうですか、Shineさんのレスでシンクロしてましたか。ところでさっき、某MIXIでShineさんに友達登録してもらってないことに気付きました。あとでメッセージを書こうっと。

>>ラスクさん

今回の騒動では「はめられた」「目をつけられた」というのが、おそらくは一般的で冷静な意見でしょうね。「出る杭は」の格言どおりなのかもしれませんが、どれくらい「出て」いたのか、それが人によって評価の分かれるところですね。
それにしてもナベツネかあ。でもあの人は裏でこそこそ出来ない人だから、自分がやったのだったら「ワシが仕組んでやったんだ」とべらべら喋ると思うなあ(笑)。

投稿: asaden | 2006年1月24日 (火曜日) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/8305360

この記事へのトラックバック一覧です: 舌の根の乾かぬうちに:

« 書棚より:Dead Base VIII | トップページ | 責任者は不在です »