« 舌の根の乾かぬうちに | トップページ | 伝記映画考 »

2006年1月24日 (火曜日)

責任者は不在です

一連のライブドア問題で、自民党の責任が追及されているが、どうもぱっとしない。
しかしながら、よくよく考えてみれば、今の世の中は誰も責任を引き受けない時代になってしまったということに、ふと思い当たった。

不祥事のたびに、いろいろな企業のトップが会議テーブルとマイクの向こう側で、一応の謝罪(らしき言葉)と共に、一斉に頭を下げる映像は、もはや日常茶飯事。
でも、あの映像は何度見ても印象に残らない。どれもみな一様に似過ぎているから、あるいはあまりに不祥事が多すぎるから、そのいずれかの理由からだろうと思っていた。

でももしかしたら、謝罪をしている幹部連が皆一様に、「本当は俺が悪いわけじゃないんだ。でも俺は謝る役目だから謝っているんだよな」という雰囲気をプンプンさせているからかもしれない。

思えば数年前、北海道の会社(だったと思う)で、賞味期限切れになったイクラの醤油漬けを、賞味期限のシールだけを貼り換えて、再度出荷していたことが明るみになったことがあった。その日のニュースで、見るからに2代目的なボンボン風の若社長が、かなり丁寧に平謝り状態で謝っている謝罪会見の映像を見た(「原因究明に全力で乗り出す」「被害に合われたお客様にはなんとお詫びをしてよいものか」....)。しかしながら、実はそうした一連の不祥事は、そのボンボン社長からの直接の指示であることが数日後に発覚してその社長は逮捕されてしまった(ように記憶している)。

ああいう丁寧な平謝りまでが、完全な芝居であることを目の当たりにしてしまったおかげで、それ以来、どんな謝罪会見を見ても「どれもこれもがうそ臭く見えてしまうなあ」と長いこと思っていた。
でも、ここ最近なんとなく分かってきたのは、「どれもこれもがうそ臭い」のではなく、誰も真剣に謝ってなんかいないのではないかということだ。逆にあの若社長は、あの会見の場だけは、真剣に謝っていたのかもしれないなと思う。だって子供が考えそうな浅知恵の悪巧みを自分自身が指示して、それが世間にばれてしまったのだから、その場は真剣に謝っていたのだろう。

誰も責任は取らない。
とりあえず謝っておく。
でも謝っているのはその役目がたまたま自分に回ってきたから。
内心は自分のせいだなんて絶対に思ってない。

何も誇るものがない大人たちが、会社ゴッコのように会社を運営して、なにかコトが起こってからは、どうやって責任を取るかではなく、誰が謝罪の場に出るかを最重要課題にして、その人選を話し合いで決めている社会。

そのうち、嘘発見器のコードを体中に巻きつけて、謝罪会見をするのが日常的な風景になる日も遠くないのではないかなと思ってしまう。
いや、嘘発見器の精度が高ければ、そんなことする輩はさすがに誰もいないか。
それ以前に、嘘発見器の精度を示す検査証が偽造されてもおかしくない世の中なわけだしね。

|

« 舌の根の乾かぬうちに | トップページ | 伝記映画考 »

なんだかなあ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/8306564

この記事へのトラックバック一覧です: 責任者は不在です:

« 舌の根の乾かぬうちに | トップページ | 伝記映画考 »