« "Playin In The Band Mix" | トップページ | 折り返し点かな »

2005年10月15日 (土曜日)

キップをなくして

KIPPU

「キップをなくして」 池澤夏樹 著

温かいよなあ、と思う。池澤氏の書く子供達の姿はいつも読んでいて気持ちが温かくなる。

あらすじを書くのは気が引けるが、ある日、電車の中でキップを無くした少年が、同じ境遇の子供達と共に、そのまま東京駅の構内で、ステーション・キッズ(「駅の子」)として働き始めるというもの。「ちょっと待てよ、学校はどうなるんだ?親は心配するだろう?働くって何を?そもそも駅員は何をしているんだ?」という現実寄りの疑問は、本文を読んでいただき、とりあえず、極めてファンタジーな説明でそれらの疑問を解消していただきたい。

個人的に面白いなと思ったのは、そうしたおとぎ話のような説明が、後半には、文中の登場人物たちによってあっさりと否定されてしまうことだ。でも、現実と作り話の境界線があっちにいったり、こっちにいったりするのは、実世界ではよくあること。お話がリアルであろうと無かろうと、この作品の面白さは変わらない。

おとぎ話の形を借りながらも、後半、人は何故死ぬのか?という重いテーマが提示される。人が死んでしまうということ。最愛の人に先に死なれてしまうということ。そして死んでしまったら人はどうなるのか?ということ。実にさりげなく、やさしい文体ではあるけれど、いろいろと考えさせられるテーマと共に、話はクライマックスを迎える。

著者の池澤氏には「南の島のティオ」という名著があるが、あの本は僕の人生ベスト10の書籍。文春文庫で入手可能なので、未読の方は是非。

キップをなくして
南の島のティオ

|

« "Playin In The Band Mix" | トップページ | 折り返し点かな »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

読みました。

すごく、優しい、分かりやすい文章で書いてる恐さが有りました。

投稿: 130 | 2005年10月16日 (日曜日) 01時19分

130さんもお読みでしたか。
前半の軽い始まりが、途中から急に方向転換しますよね。これも登場人物のとある女の子の存在が、作者の予想以上に力を増したからでしょうね。
僕は女の子が母親に別れを告げに行く場面で、泣いてしまいました。それと後半のおばあちゃんに会いに行く場面。やはりあのクライマックスは凄いな。

投稿: asaden | 2005年10月16日 (日曜日) 08時04分

「切符...」は、読んでませんが、「南の島のティオ」は、読みました。文庫の表紙の絵も好きです。
池澤さんの「ハワイイ紀行」は、ハワイイに連れていってもらうときの課題図書でした。(オワフでぶらぶらだけだったですけど。まぁ、それでビショップ博物館にバスに乗って行きましたけどね。)

投稿: ばんだな小僧 | 2005年10月16日 (日曜日) 23時46分

バンちゃん、久しぶり。

ハワイイ紀行も良い本ですね。あれを読むと「ハワイイの全島を回りたい」という気分になります。

個人的にはオアフ島ばかり3回行ったけど、のんびり全部の島を回りたいなあ。かなわぬ夢だろうけど(笑)。

投稿: asaden | 2005年10月17日 (月曜日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/6415213

この記事へのトラックバック一覧です: キップをなくして:

« "Playin In The Band Mix" | トップページ | 折り返し点かな »