« 自転車に乗って | トップページ | 歌えよ!iTune »

2005年7月25日 (月曜日)

自転車のその後

自転車のその後

自転車は無事に購入。チューブレスタイヤは、乗り心地が固い。
まあ、許容範囲ではあるけれど、路面のゴリゴリ感がダイレクトに伝わってくるのは、ちょっと嫌な感じ。

さっそく日が傾くのを待って、家から200mほどにある川原まで行く。

サイクリングコースは、マラソンコースも兼ねているので、100mごとに標識が出ていて、何キロ走ったかが分かるのが便利。我が家からの合流地点は全行程の40km付近なので、そのまま、42.195km地点を目指して南下する。

カメラを持ってくればよかったと思うほど、景色が良い。
いつもは土手を走る車から眺めていた景色だが、間近で見ると自然が豊かなことが分かる。中州に生えた木々がたくましく見える。

運動すること自体が久しぶりなので、汗がすごい。
水分補給は早めにとることにするが、いくら飲んでもすべてが汗になる。
麦茶を持ってきたが、いざ飲み始めると、すっぱいものが欲しくなる。
どういう生理的な要求かは分からないが、飲み物は失敗だ。

ウェストポーチの中のiPodからは、90年03月18日のショーが流れている。
なんでこんな日のショーが入っているのだろう?

03-18-90 Hartford Civic Center, Hartford, Ct. (Sun)
Shakedown>
Rooster
Stagger Lee
Me & My Uncle>
Mexicali
FOTD
Little Light
Masterpiece
Ramble On, Music
S. Blues

ゴール地点はあっという間に到着。そのまま南下し続ける。
路面が途切れたところで、付近の土手に登り、自分がどの辺りまで来ているのかを確認する。案外来てないな。当たり前だけど、車なら数分の距離だ。

そのまま、今度は北上を開始。ブレントのLittle Lightが流れる。
ブレントの最期は、どうしてあんなふうに自暴自棄だったんだろう?
彼だって自転車に乗って、健康的に過ごしていれば、今でも元気に歌っていられただろうに。

いや、やはりそれは違うな。そんな不健康な健康思想はデッドには合わない。
川原を自転車で走るくらいなら、社会からドロップアウトして橋げたの下で、過ごす人生を彼には選んで欲しい。

結局、そのまま5kmほど北上したところで、キリがないので引き返すことにした。南に2km・北に5km、さらに家路に着くためにもう一度南に3km。
自転車の適正速度は時速10km程度のはず。土手に上がったり、高架下で涼んだりののんびりだったので、1時間半ほど掛かったが、まあ良いペース。

今後の課題は、平日の仕事から帰ったときに、走る場所を探すこと。
嫁いわく「夜は止めとき。警官に職務質問されたら、お父さん(オレのこと)は、絶対に逆上して、どっか連れて行かれることになるよ」と言っていた。
オレはハマの暴走族かよ?

|

« 自転車に乗って | トップページ | 歌えよ!iTune »

日常的なること」カテゴリの記事

コメント

おお、入部おめでとう。

少しだけの、水が良いかもしれません。
でも、荷物にもなるので、慣れたら、帰宅するまで我慢することを、お奨めします。あまり冷たいものは、腹を壊すし、ビールばかりは、せっかくの運動効果を半減させるので、ほどほどに。

走ることは、やはり、到達目標があったほうが、やりやすいですね。ほどほどの距離に、何か見つけておいて、それを往復できると、飽きにくいです。可能なら、往復は別ルートになればなお可と思います。

職質を受けなくなったら、それだけ自分がなまくらになった証拠よ、と開き直って、たまには、受けましょうね。わざわざ連れて行かれることは、無いけどさぁ。

ブレント。なんだろうなぁ。こんなに姿を見て、切なくなる人は、いないなぁ。。と、BackstagePassのEasy to loveを見ながら思うのです。彼の中での、デッドに参加できて、意気込んでいた時期と、だんだん失意にこもっていく時期のギャップは、どうして生まれたんでしょうね。それだけ、デッドとしてやっていく体験が、彼には強烈過ぎたのか、何が麻痺していったのか、切なく思うばかりです。
ホーンズビ―に伴なわれて、健康的にバスケで汗流して欲しかった。と思うのです。BackstagePassで、ホーンズビ―がゲスト参加で鍵盤並べてるシーンが、一瞬だけど出てくるでしょ?あれ、いいシーンだなぁ。

投稿: たに | 2005年7月25日 (月曜日) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/5143783

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のその後:

« 自転車に乗って | トップページ | 歌えよ!iTune »