« お腹いっぱい | トップページ | 音源CDの格納法(その2) »

2005年6月 7日 (火曜日)

音源CDの格納法(その1)

  • 音源CDの格納についてですが、使っているケースやら箱やらは、ほとんど100円均一ショップに売っているものです。以下にざっと紹介します。

_0011)24枚収納ケース(8×3)

意外と便利です。8枚ずつ3つ収められます。これで100円は安いなあと思っていたら、いつのまにか生産中止になっていました。写真は本棚の一角に収めた図です。24枚収納が8個一列に並んでいるので、これだけで200枚ほど収納出来ています。(背表紙には年度と、各ショーの日付を書いてます)

_004

2)CD整理用ダンボール

これも100円均一。無骨ながら、大量に納めたいときには便利。150枚くらい入ります。これには2003年のThe Deadのライブ音源を詰めて、本棚の上に上げています。

_0063)市販のCDケース

まあ便利ですが、重ねられないので意外と場所を取ります。これは電気屋で1000円くらいで買いました。ここには69年から73年までのショーが収められています。多分200枚位入っているはずです。

|

« お腹いっぱい | トップページ | 音源CDの格納法(その2) »

日常的なること」カテゴリの記事

コメント

音源CDの格納法を教えてくださって、ありがとうございます。
1)が取り出しやすそうで、いいな。
100円ショップって、便利でいいですね?

投稿: kay | 2005年6月10日 (金曜日) 12時11分

100円ショップ、良いですよ。
ちなみに、写真の(1)のものはダイソーという100円ショップ製です。最近は見かけないのですが、復活させて欲しいですね。

投稿: asaden | 2005年6月10日 (金曜日) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/4460744

この記事へのトラックバック一覧です: 音源CDの格納法(その1):

« お腹いっぱい | トップページ | 音源CDの格納法(その2) »