« 音源CDの格納法(その1) | トップページ | Musical baton »

2005年6月 8日 (水曜日)

音源CDの格納法(その2)

続きです。

_002 4)ギフトボックス

100円均一で売っていたギフトボックスです。これは良いなあと1つ買って、CDを詰めたら、ぴったしでした。しかもダンボールより丈夫で、重ね置きも大丈夫という優れもの。しかしその後、売っているのを見たことがありません。これまた生産中止のようです。1箱で大体70枚くらい入るので、これには74年のショーだけを詰めています。

_008 5)普通のCD棚

普通のCD棚もあります。普通のCDが700枚収納可能ですが、かなり昔に一杯になって、いまやCDの墓場みたいです。一時、場所の確保のためにプラケースから、市販の薄手のビニールケースに変更していましたが、キリがないのでやめました。

|

« 音源CDの格納法(その1) | トップページ | Musical baton »

日常的なること」カテゴリの記事

コメント

これだけの量があると、ウォークインクロゼットならぬ、
ウォークイン本棚&ウォークイン音源部屋が必要。

それにしても、きちんと整頓されていてえらいなあ・・・。
大切なものだから、テイクケアーなさってるんですね?
伝わってきます。

投稿: kay | 2005年6月10日 (金曜日) 20時44分

最近、うちもいよいよ溢れ帰ってきて、100円均一のコンテナなど利用しています。
このところ、ライブで会う人に「CDはどうやって管理しているの?」 と聞いています。
たぶん我が家の10倍くらい音源を持っている方が多そうだし。

持ち運びできるファィル型のCDケース(96枚収納くらい)を買って入れていましたが、それが10個を超え、いよいよ困っています。
平積みの山もできています…。

箱がいいかなと思うのですが手頃なサイズがなくて。
これもちょっと考えたんですけど、かえって融通がきかないきもするし…。
http://store.muji.net/user/ItemDetail/detail?svid=5&sc=S00801&sp=muji&prd=4547315962235&index=2&_from=/ListProducts/list

asadenさんの管理を公開していただいて参考になりました。

ダイソー、こちらにはまだけっこうありますよ。

投稿: まゆ | 2005年6月11日 (土曜日) 21時09分

僕は、リムーバブルのハードディスクにしまっています。ダウンロードした音源を、フォルダの名前を整理してそのまま保管。音源百個でもVHSのテープぐらいの大きさです。ハードディスクが壊れたら音源全部が無くなってしまう危うさはつきまといますが。

すごく気に入った音源だけ、CDにしています。

投稿: sat | 2005年6月11日 (土曜日) 23時03分

>>まゆさん

>これもちょっと考えたんですけど、かえって融通がきかないきもするし…。

隙間キャスター。実はこれも部屋にあります(笑)。安いしなかなか便利です。
我が家のは、引き出し部が4段とも同じ高さでCDにぴったりです。邦楽CDをぎっ
しりつめていますが、難を言えばCD面が見えないので、自分がそのCDを持
っていたことを忘れてしまうということかな?(笑)
確かに、空いた空間を有効に使わせてくれるので、悪くはないです。

ちなみに、先日、嫁の通販カタログ雑誌を見ていて、思わず発注しそうになった
のはこれです。キリがないので止めてくれと言われて、結局発注せずです。
http://www.rakuten.co.jp/arne/538650/575694/

>>satさん

>フォルダの名前を整理してそのまま保管。音源百個でもVHSのテープぐらいの大きさです。

うわー、確かにHDDも安くなったので、いっそのこと思い切ってとなると
この形ですね。CD1枚の平均が600MBとすると、120GBタイプで
約200枚。300GBなら500枚保管できるのか。
更に、SHNのままで保管しておいても、Winampならそのままで再生できる
ので、1.5倍くらい入りますね。うーんしかし、そこまで割り切るまでに
は至ってません。修行が足らんということでしょうか。

ちなみに、
先日、iTune用のライブラリ音源の保管用にネットワークHDDの160GBを買いました。
(http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/h/hd-hlan/index.html)
これで、手持ちのCD全てをMP3化して、2000枚分のCDライブラリにしようと思って
いますが、CD1枚読み込ませるのに約7分。2千枚読み込ませるのに掛かる時間は、
えーっと、14000分=233時間です。1日2時間やっても完了は4ヶ月後か。
恐ろしい時代になったもんです。

投稿: asaden | 2005年6月12日 (日曜日) 16時08分

ちなみに普通のCDの一部は、350ml缶のビール梱包用段ボール箱を切って、それに入れています。CDがたくさん入っていればそれが柱代わりになって、意外につぶれないものです。一つの箱で普通のCDが25枚入るので、6段重ねが二つで300枚。見栄えが悪いのが気になれば、箱の廻りにきれいな紙を貼って隠すとかすればいいのかな。

iPodに曲を入れるのはなかなか根気が必要ですね。asadenさんのようにたくさんCDがあると、やっぱりかなり時間がかかるんですね。

投稿: sat | 2005年6月12日 (日曜日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/4461959

この記事へのトラックバック一覧です: 音源CDの格納法(その2):

« 音源CDの格納法(その1) | トップページ | Musical baton »