« 新しいドラえもんが面白い | トップページ | それでもやっぱりやりすぎのような »

2005年5月23日 (月曜日)

斉藤和義・2005年05月19日:大阪厚生年金会館

ネタばれあり、というか、ネタばれしか書くことがないので(笑)。

セットリストは以下のとおり。
まあまあ、こなれた演奏で、声も良く出てました。
特にハラハラさせられることもなく、安心してみていられるので、ある意味、今が盛りかな?と、帰り道に嫁と話していました。新曲はうーん、ちょっといまいちかなあ。

オープニング2曲は意外。
そもそも、「僕の踵..」をこんな早い時間帯に見たのは、初めてじゃないかな?
「やわらかな日」はピアノバージョン。これも意外な選曲。
ちょうど、コンサートの前日にTLD氏のBLOGで、この曲の話が書かれていたので、「おお!」と思いました。

バックメンバーについては、ベースが芸達者なので、いろいろ面白かったです。「古いラジカセ」の「カンコンカン」
コーラスは、ちょっとやりすぎではないのか?と嫁は言ってましたが、まああれはあれで楽しい。
ドラムは、パワフルでもなく、多芸なわけでもなく、微妙にキメを外したりで、我が夫婦間では評価は悪かったです。
でも、アンコール後に出てきたとき、スネアを持ってきたローディに「ペコリ」と頭を下げる様子が、ものすごく良
い人に見えたので、きっとものすごく性格良いんだろうなあと、まあこれは音楽性とは関係ない話ですね。でも良い人だと思います。

1. Fire Dog
2. 僕の踵はなかなか減らない
3. アメリカ
4. 古いラジカセ
5. 空には星が綺麗
6. リズム
7. 砂漠に赤い花
8. 世界を白くぬれ!
9. 野良猫のうた
10. 君の顔が好きだ
11. やわらかな日
12. 心の鍵(新曲)
13. ワッフルワンダフル
14. モルダウ
15. 老人の歌
16. ささくれ
17. 手をつなげば
18. Hey!Mr.Angryman
19. ジレンマ
20. I'm Free

E1. 歌うたいのバラッド
E2. ため息の理由(新曲)
E3. ワンダフル・フィッシュ
E4. 彼女はいった
E5. 歩いて帰ろう

|

« 新しいドラえもんが面白い | トップページ | それでもやっぱりやりすぎのような »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/4247505

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤和義・2005年05月19日:大阪厚生年金会館:

« 新しいドラえもんが面白い | トップページ | それでもやっぱりやりすぎのような »