« 熟語本位 英和中辞典 | トップページ | そういえばブライアン・ウィルソンって »

2005年2月14日 (月曜日)

Phishがわかってきた

SSPlp4PHISHCOMPよ~な気がする。

LivePhishシリーズを丁寧に聴き(やはりこのシリーズの音源は良い)、オリジナルアルバムも揃え(これはまあ、どっちでも良いかも(笑))、ITを最初から見直し(編集が過ぎるけれど、でもこの日の演奏は良い)、書籍を読む(愛用してるのはこちら。早いところ、2004年までを総括した完全版が出ないものでしょうか)。

まあ寝る前のわずかな時間と、通勤時間くらいしか自由な時間がないので、かなり集中して聞いてますが、「よ~し、今日はこの曲を集中して聴くぞ」というのも、かなり効果抜群ですね。睡眠学習はどうなんだろう?効果が上がっているのかな?

ちなみに、僕のPhish学習法は以下の通りです。

(1)特定の日のショーを1週間ほど集中して聞く。
(2)気に入った曲を集中して、別の日のバージョンも合わせて聴く。
(3)その曲に関する情報を書籍で確認する。
(4)その曲のオリジナルにあたる。
(5)ここまでで気に入った別の日のショーを集中的に聴くために(1)に戻る。

ん~、自分で言うのもあれですが、受験生の鑑みたいですな(笑)。
一応、2003年のクラシカルナンバーの連発のこの日は、自分の中では消化できたかな?という感じです。

その後はこの辺(2004年06月25日)を聴いた後で、LivePhish Vol.4の1枚目を3日連続で聴いてます。
オリジナルのライブ盤のこの辺りも良いですね。

ITのDVDもようやくその価値が分かってきました。今度はLivePhishで08月02日と03日を落として聞こう。

ああ、出費がかさむなあ(笑)。
「新米、これも聴いておけよ」というのがあれば、お知らせください。時間は掛かりますが、着実に消化していきますので。

|

« 熟語本位 英和中辞典 | トップページ | そういえばブライアン・ウィルソンって »

聴いた音楽」カテゴリの記事

コメント

学習続いてますね〜。
私も新米仲間です。学習しないのでいつまでたっても新米。
聴き比べができなくて、どの日を聴いても「いい〜っ」って思っちゃう。ダメですね。

この本の表紙のデザインがとても好きです。本はもっていないけれど、当時表紙買いをしそうになった本。そうか、中身もよいのですね。

投稿: まゆ | 2005年2月17日 (木曜日) 08時37分

>>まゆさん

そうですか。まゆさんが新米ならば、オイラはどの辺りに位置するのだろう(笑)。

書籍ですが、電話帳サイズのデータ本ですね。デカ過ぎて携帯は不可能ですが、慣れると扱いやすいです。

手作り感という点では、こちら(The Pharmer's Almanac: The Unofficial Guide to Phish (Unofficial Guide to Phish) )の方が点数は高いですが、ちょっとごちゃごちゃし過ぎかなあ?ということで、アッシの愛用はCompanion本の方ですね。

etreeにzさんから流出の(笑)、2000年ジャパンツアー時の音源がアップされていました。まだ聞けてませんが、期待度満点ですね。

投稿: asaden | 2005年2月17日 (木曜日) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/2917822

この記事へのトラックバック一覧です: Phishがわかってきた:

« 熟語本位 英和中辞典 | トップページ | そういえばブライアン・ウィルソンって »