« 佐野元春「THE SUN」 | トップページ | An American Life 購入のお願い »

2004年8月14日 (土曜日)

岡本太郎

本屋で何気なく手に取った岡本太郎語録「強く生きる言葉」(イーストプレス発行・1050円)に唸ってしまった。
丸々の引用は避けるが、要は「何か決定的なことをするのではなく、チッポケなことでいいから、自分の興味を持てることから始めて、それでダメなら失敗をすればいい」という主旨の言葉だった。(こう書くと非常に平凡な意見だが、岡本氏独特の口調でこれを語られると「おお」と唸ってしまう。気になる方は直接書籍を見てください。P100の発言がそうです)

元々、ただの奇人扱いでテレビを騒がせていた時期に、(自身も散々物まねで笑いを取り続けた)タモリ氏が、「いやでもあの人は本当は凄いんだよ」と言っていた本当の意味が今頃になって分かってしまった。

okamoto.jpg
「自分の中に毒を持て」
こちらは別の書籍だが、いわば聞き書きのスタイルをとる一人語りなので、話があっちこっちに行って、まさに爆発している様子が楽しい1冊。非常に残念なことにタイトルがまるでバカみたいなので、多くの人は手に取ろうとすらしないだろうが(まったくバカみたいなタイトルだ)、いやはやこれは凄い。各ページに「おお」と唸ってしまう言葉が詰まっている(まさに詰まっているという感じ)。

目つきが既に常人ではなかったあの姿の奥に、これ程のものが詰まっていたとは。
生前にご本人の口からこれらの言葉を聴きたかった。それだけが悔やまれる。

|

« 佐野元春「THE SUN」 | トップページ | An American Life 購入のお願い »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25669/1193367

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎:

« 佐野元春「THE SUN」 | トップページ | An American Life 購入のお願い »